当施設は、入居者の方のプライバシーが守られる「個室」と他の入居者の方や介護スタッフと交流 するための「居間」(共同生活室)が用意されています。入居者の方10人を一つの「ユニット」とした 生活の場で、それぞれの生活リズムを尊重した日々の暮らしをサポートします

 要介護状態で居宅での生活が困難な高齢者の方が、入浴、排せつ、食事等の介護、相談及 び援助、その他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を受けることが できる施設です。 居宅における生活への復帰を念頭に置いて、入居者の方の日常動作の自立を支援する介護を 基本とします。施設におけるターミナルケアの提供も行います。

 ご利用者の方が日常生活される上の機能訓練など、身体機能の維持や向上を図るとともに、 ご家族の精神面や身体の負担を軽減することを目的とした支援サービスです。 また、送迎車によって通所介護(デイサービス)に通い、さまざまなレクリエーションのほか 食事や入浴といった生活援助サービスを合わせて受けることができるサービスです。

■ 9:30~11:40頃まで
機能訓練・作業活動や趣味などを行っていただく時間となります。
機能訓練指導員によりご利用者の方に、それぞれにあったリハビリメニューを提供いたします。

 老人福祉法に基づく老人福祉施設のひとつです。 低額の料金負担で入居できる老人ホームで原則として、入居条件入所対象者は、60歳以上の 単身者または、夫婦のどちらか一方が60歳以上であることが前提となります。 身寄りがない、家族との同居が困難で、独立して生活するには不安が認められ方が対象となり ます。  その他、伝染病などの疾患がなく、共同生活に適応ができる、身元保証人が必要です。 介護・看護入所中に介護が必要になった場合も介護サービスを受け、継続的に入所できます。 入居時には健康で自立生活が可能だったとしても、病気による長期的な入院や、重い介護が 必要になったり、医療措置が必要になった場合には、系列の福祉施設と連携し対応ています のでご安心ください。

ケアハウス(軽費老人ホーム)ファミリアの特徴

費用・料金入居にかかる費用は、家賃・食費・光熱費、その他日常生活にかかる雑費などが 必要となります。 また、負担すべき額は、本人や扶養義務のある家族の世帯収入・課税状況の他、介護度に よって異なります。

 当施設は、ケアハウスという高齢者住宅であり、高齢になっても、自分ができる限りの自立 と尊厳を保ちながら、生きがいのある安心して豊かな暮らしができるように、住環境の整備、 食事の提供や季節行事などにも参加していただき、日常生活の支援に取り組んでいます。

南面から見るファミリア

ファミリアから望む池田の池公園