私たち居宅介護支援事業所は、いつでも身近で支えています。

「介護は自宅で受けたい」「施設を使いたい」「将来の為に介護の情報を知りたい」 介護の選択肢やご要望は、おひとり、おひとり異なります。 ケアマネジャー(介護支援専門員)は、毎月ご利用者様のお宅を訪問し、変化するお体の状況や ご家庭の事情を把握し、サービスの手配など的確なアドバイスを致します。



居宅介護支援事業所とは

 都道府県などの指定を受け、ケアマネジャーを配置している事業所です。 要介護認定申請の代行やケアプランの作成を依頼するときの窓口となり、サービス提供機関と 連絡・調整をします。

ご利用者の方が適切に介護サービスを利用できるように、要介護(要支援)認定の申請代行や、 認定後に在宅で介護を受けようとする方の心身の状況、その家族の状態や生活環境を考慮しながら 希望に沿ったケアプランを作成し、適切な在宅サービスが 提供されるよう、医療や各事業者との連絡調整を行うなど在宅での介護を支援していきます。