令和2年度高齢者の肺炎球菌感染症定期接種について

肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。
日本人の約3~5%の高齢者では鼻やのどの奥に菌が常在しているとされ、これらの菌が何らかのきっかけで進展し、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。
肺炎球菌には90種類以上の型があります。23価肺炎球菌ワクチンはそのうち重症化する肺炎球菌感染症の約7割にあたる23種類の型に効果があり、肺炎を予防するとともに感染した場合の重症化を防ぎます。

はぴねす内科クリニックでは、高齢者の肺炎球菌感染症の予防接種を受け付けております。

対象となる方は、この機会にぜひ予防接種を受けて病気を予防しましょう。

高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種について、
詳しくは、下記の文書をご覧下さい。

令和2年高齢者の肺炎球菌ワクチン定期接種について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。