訪問看護ステーションはぴねす

24時間365日安心を支えています。

訪問看護師が訪問し、医師の指示に従い必要な療養中のお世話をします。
住み慣れたご自宅で安心して療養生活が送れるよう、私たちは心をこめたサービスを提供いたします。

訪問看護とは

看護師がお住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。
本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるよう予防的支援から看取りまでを支えます。

訪問看護は誰が来てくれるのですか?

住みなれたご自宅で安心して療養生活がおくれるよう、医療現場で十分な看護の経験や知識・技術をもつ看護師がお伺いいたします。

訪問看護は、どんな人が受けられるのですか?

病気や心身の障がいのために、療養生活の支援を必要とする方や終末期ケア(エンドオブライフケア)を必要とする方です。
乳幼児からご高齢者まで主治医が訪問看護の必要を認めたすべての方が受けられます。

サービスの内容

・療養生活の相談、支援
・病状や健康状態の管理と看護
・医療処置、治療上の看護
・苦痛の緩和と看護
・リハビリテーション
・ご家族の相談と支援
・住まいの療養環境
・認知症の方の看護
・重症心身障がい児(者)の看護
・精神障がい者の看護
・終末期ケア(エンドオブライフケア)
・在宅移行支援(外泊中の訪問看護)など

サービス内容イメージ

老老介護の時代だからこそ

介護者の2人に1人が60歳以上で、
まさに老老介護の時代がやってきました。
年齢からみても介護者自身が体調を悪くしていたり、
腰痛やストレスに悩まされている人が増えています。
そんな時代だからこそ、介護者の心の支えになることが
私たち訪問看護サービスの役割なのです。

このようなお悩みを解決します

日々の健康管理や医療的な処置の対応、緊急時の対応など医療に関わる部分は、重要な要素の1つです。
それは、高齢者にとって、「医療」と「介護」は切り離すことができないものだからです。

「徐々に介護が必要になってきた」……
「退院後の医療行為が必要だったので自宅には帰れない」……
「自宅での介護はもう限界」……

などといったことから訪問看護や介護施設の検討が始まります。

ご遠慮なく、ご相談・お問い合わせ下さい。

施設概要

名称 訪問看護ステーションはぴねす
住所 〒792-0017 愛媛県新居浜市若水町二丁目4番38号
電話 (0897)35-3050
FAX (0897)35-3009
ご利用可能エリア 新居浜市・旧西条市・旧土居町(相談に応じます)
営業時間 午前8:30~午後5:30まで(緊急時は随時対応いたします。)
休業日 日/祝祭日/お盆8月16日/地方祭10月18日/年末とお正月31日~1月3日